エクストリームスポーツのChill Dog

ストリートスポーツのすべてがここに

《東京都》スケートパーク紹介その⑮

ムラサキパーク東京

東京都足立区千住関屋町19-1 アメージングスクエア

f:id:yoshi-diy:20171206205623j:image

利用可能時間

平日:15:00~21:45 土:13:00~21:45 日・祝:13:00~20:45

 

プロによるスクールも数多く行われている屋内屋外スケートパーク!

足立区にあるムラサキパーク東京です。
マップス東京が2009年からムラサキスポーツの運営するスケートボードパークとしてスタートしました。
ムラサキパーク東京店スケート&BMX専門店併設しています。
スケートボード、BMX、インラインが利用可能でスクール、イベント、大会も開催するスケートパークです。
国内では数少ないバーティカルがあります。
セミプロレベルの上級者から、キッズスケーターの姿もあり家族で訪れる人も多いです。
f:id:yoshi-diy:20171206205634j:image

セクションについて

定番セクションはほとんど揃っている充実の環境のパークです。
大型バンクやレッジもあるのでダイナミックな滑りが楽しめます。
バーティカルはプロも練習に使っており、見学しているだけで楽しむことができます。
室内パークはセクションも新しく気持ちよく利用できます。
フラットもあるので初心者でも楽しむことができます。

 f:id:yoshi-diy:20171206205641j:image

★東京スケボー

《東京都》スケートパーク紹介その⑬その⑭

⑬H.L.N.A SKATE PARK

東京都江東区青海1-1-10

利用可能時間

10:00〜22:00

 f:id:yoshi-diy:20171125223348j:image

2013年オープン!台場シティ東京プラザ屋上にある本格的スケートパーク!

江東区にあるH.L.N.A SKATE PARK(H.L.N.A スケートパーク)です。
2013年4月、台場シティ東京プラザ7階野外スペースにH.L.N.Aゾーンに誕生しました。
大規模商業施設の中では日本初となる本格的スケートパークで、海を臨む約500人が収容可能な広々としたスペースです。
子供からプロまで楽しめるパークです。
スクールやイベント、大会なども開かれています。
お台場の風景を一望しながらのスケートは気分爽快です。
週末になるとキッズスケーターも多く集まっています。
f:id:yoshi-diy:20171125223354j:image

セクションについて

コンクリート路面に、鉄製セクションです。
セクションが絶妙に配置されていて面白いルーティーンを組むこともできます。
定番セクションは全て揃っているといえる程充実の造りです。
低いカーブセクションは初心者も使いやすく、大きなステア・レッジ・ハンドレールもあるので上級者でも満足できます。

 

⑭ランプハウス東京

東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎1963-1

利用可能時間

【平日】18:00~25:00

【土曜日】17:00~25:00

【日・祝日】15:00〜25:00

 f:id:yoshi-diy:20171125223123j:image

大小さまざまなランプが充実した屋内スケートパーク!

西多摩郡にあるランプハウス東京です。
見た目は倉庫ですが、中にはランプセクションなど豊富にあるパークです。
女性スケーターにも人気なスポットです。
深夜まで滑走可能なので仕事終わりにも利用できるうれしいスポットです。
時間外貸切、イベント等の貸切にも対応しています。
f:id:yoshi-diy:20171125223135j:image

セクションについて

とにかくランプは都内でもトップクラスの配置があるパークです。
ミニランプとハーフボウルがあり、ミニランプはさまざまなサイズがあるので初心者から上級者まで楽しめます。

 

★東京スケボー

《東京都》スケートパークその⑪その⑫

⑪PASTiME RAM

東京都八王子市絹ヶ丘1-1-5

f:id:yoshi-diy:20171115075809j:image

利用可能時間

13:00-22:00

冷房完備のミニランプがあるボードショップ!

八王子市絹ヶ丘にあるPASTiME RAMPです。
初心者、キッズ、女性と利用しやすくアットホームな空間です。
水曜、金曜20:00-21:00の小ランプは女性専用時間なので初めてでも安心です。
f:id:yoshi-diy:20171115075815j:image

セクションについて

ミニランプ 高さ110センチ×横幅500センチ
ミニランプ 高さ90センチ×横幅430センチ【天井からヒモあり】
ミニランプ 高さ80センチ×横幅240センチ【天井からヒモあり】

 

⑫夕凪橋際遊び場

東京都港区芝浦4−20

f:id:yoshi-diy:20171115075826j:image

利用可能時間

5月から10月までは午前9時から午後9時

11月から4月が午前9時から午後7時まで

日本でも5本の指に入る歴史ある有名スケートスポット、通称田町スケートパーク!

港区にある夕凪橋際遊び場です。
スケートボード場やバスケットゴールが設置される遊び場です。
多くのスケートチームが撮影を行ったり、動画撮影に使われてもいます。
日本のスケートシーンを支えてきたメッカともいえる場所です。
休日にもなると、多くのスケーターで賑わい、レベルの高いスケーターが集まります。
そういう雰囲気もあり初級者には少し馴染み難いかもしれません。
f:id:yoshi-diy:20171115075834j:image

セクションについて

滑走しやすいコンクリート路面です。
セクションはレールとボックスのみで、少しカーブがあります。

 

★東京 スケボー

《東京都》スケートパーク紹介その⑨その⑩

稲城北緑地公園タマリパーク

東京都稲城市東長沼2996

f:id:yoshi-diy:20171105063954j:image

利用可能時間

午前9時から午後6時30分まで(必ず守って下さい。)

定番セクションが設置された稲城にある中型パブリックパーク!

稲城市東長沼にある稲城北緑地公園タマリパークです。
496平方メートルの中型のスケートパークです。
晴れている日はいつでも無料使える貴重な公共スケートパークです。
アットホームでゆったりとした雰囲気なので子供連れファミリーなども過ごしやすい環境です。
稲城長沼駅から近くアクセスの良さも魅力のひとつです。
f:id:yoshi-diy:20171105064005j:image

セクションについて

コンクリート路面に木製セクションです。
大小2つのミニランプがあるのでレベルに合わせて使えます。
セクションの数は多くないですが定番のセクションは揃っています。
フラット部分もあるので、初心者や子供でも利用しやすいパークです。
セクション間隔は広いのでルーティンは組みにくく、上級者には少し物足りない感があります。

 

⑩TRINITY B3 PARK

東京都板橋区舟渡4-12-20

f:id:yoshi-diy:20171105064136j:image

利用可能時間

13:00~24:00 不定休

盛り上がりを見せる話題の都内最大級屋内スケートパーク!

板橋区舟渡にあるTRINITY B3 PARKです。
ストリートスポーツ全般に対応した多様なセクションが設置された都内最大級の規模を誇る新しく誕生した室内パークです。
スケートボード、BMX、インラインスケート等のストリートスポーツ全般に対応しており、初心者の方から上級者まで楽しめるパークとなっています。
敷地内に各種ハードグッズ、アパレル、シューズなどを扱うショップも併設されています。
購入者へのパーク利用料割引サービスなどもあります。
イベント、コンテス ト、スクール等も行われています。
f:id:yoshi-diy:20171105064141j:image

セクションについて

一部セクションは可動式・可変式となっており、ジャンルやレベルに応じて変化させることができます。
大小さまざなサイズのセクションがあり、レベルに合わせて楽しむことができます。
路面は良く滑るので気持ちよく練習できます。

 

★東京  スケボー

 

キャンプファイヤー意味や目的・やり方

もともとキャンプファイヤーは、キャンプで焚き火を囲むことを指して使われます。
単にキャンプ以外の場所、祭事などで同じような大きな焚き火をしてもキャンプファイヤーといわず、ボーンファイヤーやファイヤーラリーなどと呼ばれます。
ボーイスカウトでは営火(えいか)と呼ばれることもあります。


キャンプファイヤーと名が付くからにはヨーロッパ圏に起源をくむのか、と思われがちですが実はキャンプファイヤーの起源はどことも知れず不明。いつどこで、だれが創めたのか分からないのです。

 

安全なやり方

まずはキャンプをおこなわないことにはキャンプファイヤーをすることは出来ません。
万全の準備を整えて楽しいキャンプに挑み、お昼を食べ終わった後くらいから準備を始めましょう。

キャンプファイヤー自体をおこなうのは夜ですが、準備まで薄暗い夜にしてしまうと手元が不明瞭で危険です。
体力もしっかりとしたお日様の高いうちから初めましょう。

キャンプファイヤーを組む場所は火床、あらかじめ火を燃やすことを想定した地面、もしくはコンクリートなどがあるところがベストですが無い場合は高さ20センチ程度の土を盛り、その上に設置するようにしましょう。

土台を作るのは直接日の暑さが地面へ伝わらないよう環境へ配慮するためです。
用意する木はクヌギやカシ、雑木でかまいませんが現地で調達するということはお勧めできません。

管理できていない木は水を含んでいる可能性もありますし、空気を含んでいた場合ふくらみから破裂することも考えられます。

少し値は張りますが、薪ストーブなどによういられる木を用意したほうが火の発色も美しく楽しむことが出来るでしょう。

まずは真ん中に薪の束を立てて設置します。
大きさは作った土台の大きさよりも一回り小さい程度、大きいキャンプファイヤーをしたい場合は土台を大きく設営しましょう。

薪の束を井の漢字のように囲んでいきます。
囲みやすいのは井の字ですが、八角形や六角形でも組み重ねてゆけますので適した組み方でくみ上げていってください。

高さが出てくると真ん中の空間が開いてきますので、最初に設置した薪の束と同じように中にも詰めてゆきます。
あまり高さを持たせると倒れてきたときに大変ですので、個人でおこなう場合は腰の高さ以上の大きさに積み上げるのは控えましょう。

組み方は以上でとくに難しいことはありません。
着火は下の方から、余った木などで松明を作り着火するのが良いですが初心者は着火剤などを使うと効率よく火がつきます。